さいたま市、浦和区、緑区の訪問鍼灸マッサージ|KEiROW(ケイロウ)浦和中央ステーション

WEB予約

浦和中央ステーション

認知症に関する記事

2020年10月19日

認知症はまだ全容が解明されていない病気で、アミロイドβというたんぱく質の脳への蓄積により神経細胞が死んでしまい脳が萎縮していくというのが、アルツハイマー型認知症の発症や進行の原因とされています。

先日、このアミロイドβの蓄積のメカニズムについて、「歯周病」が関係しているとの研究の発表がされていました。

歯周病の原因菌やその毒素が作用し、アミロイドβを脳へ運ぶたんぱく質が増えることにより結果的に蓄積量も増えるとのことです。

↓YAHOO記事です
https://news.yahoo.co.jp/articles/372acf834c00143e86cbce46206592d1dc974aa3

歯周病は同じく毒素が血液内に入り、心筋梗塞の原因になると聞いたことはありましたが、認知症まで関係あるとは思いもよりませんでした。

歯磨きの習慣だけでなく、歯周病菌を殺菌する口腔ケアも大事になってきますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<適応症・既往症の例>
脳梗塞後遺症・脳出血後遺症・脳性まひ・パーキンソン病・脊髄小脳変性症・認知症・末梢神経障害・脊柱靱帯骨化症・頸髄損傷・頚椎損傷・骨粗しょう症・変形性腰椎症・変形性頚椎症・変形性関節症・変形性股関節症・変形性膝関節症・腰椎椎間板ヘルニア・広範脊柱管狭窄症・長期透析合併症・慢性心不全・慢性腎不全・筋萎縮性側索硬化症(ALS)・多系統萎縮症・筋ジストロフィー・ギランバレー症候群・多発性筋炎・四肢体幹機能障害・運動機能障害・大腿骨頸部骨折後後遺症・廃用症候群・神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・腰痛症・頸椎捻挫後遺症・筋麻痺・筋委縮・筋固縮・関節拘縮・浮腫(むくみ)・疼痛など

<期待できる効果>※効果については個人差があります。
・関節拘縮の予防と改善
・筋力の維持・増強
・麻痺・しびれの改善
・血液循環などの循環機能の改善
・自律神経機能の改善
・痛みの緩和

<対象となる方>
・独歩による歩行が困難な方
・病気の後遺症に起因する症状のある方
・寝たきり、または寝たきり状態に近い方
・筋力が低下し関節が動きにくい方
・運動機能障害の方や痛みのひどい方など

<対象地域>
さいたま市全域、川口市、戸田市
浦和区(大原、上木崎、木崎、岸町、北浦和、皇山町、駒場、神明、瀬ケ崎、大東、高砂、常盤、仲町、針ヶ谷、東岸町、東高砂、東仲町、前地、三崎、元町、本太、領家)

<お問合せ先>
フリーダイヤル 0120-980-207

お待ちしております♪

会員様専用ページ

ホーム

お電話でのお問い合わせ